足痩せと下半身ダイエット

いくら足痩せで、モデルのようなスリムな脚を手に入れても、ヒップや下腹部がポツコリ、ボッテリとたるんでいては、せっかくの美しい足も台無しです。
またその反対に引き締まった下腹部やヒップでも、足太りや浮腫みで大きくても決して美しいとはいえません。
その為には足痩せだけに専念するのではなく、下半身全体にバランスの取れたダイエットが必要となります。
しかし足痩せと下半身ダイエットは必ずしも同じレベルでの痩身法ではありませんので、まずは貴方自信の足の状態や下半身の脂肪のつき方などを把握しておくことが大切です。

よく勘違いされるのは、足太りと足の浮腫みですが、この二つは全く異なる足の状態ですので、足痩せをするためにはそれぞれ方法が異なりますし、足痩せする期間も違ってきます。

足の浮腫みの場合は、その原因となるのは長時間の立ち仕事や座ったままの状態により、足の血液循環が悪くなるために起こる場合や、慢性的な足の血流不良、あるいは内臓疾患の影響によるものがほとんどです。
中には稀に神経系統の異常により足の浮腫みが起こる場合もありますが、病的なものに起因する場合は、ダイエットや浮腫み取りのような行為は慎み、速やかに医師の診察を受けることをお薦めしますが、血液循環が悪い場合は疲れの原因物質の乳酸を取り除くため、周囲を歩き回って血液を循環させたり、マッサージや入浴などによりある程度の浮腫みは取れますので、比較的簡単に足痩せが可能です。

しかし元々脂肪などがついている場合は、浮腫み程度の簡単な方法では足痩せはかないませんので、根本的なダイエット法を取り入れる必要があります。
ダイエット法にも様々な方法がありますが、最も確実な方法は運動ですが、中々長続きしないのが欠点ですので、出来れば継続可能な簡単な運動もしくは自宅で簡単にできるストレッチなどと併せて、体を動かす方法を取り入れた生活習慣の見直しや、食生活の改善などを組み合わせることがよいでしょう。
これらは単に一つの方法を取り入れても、簡易な方法のためあまり効果は望めませんので、複合的なダイエット法を組み合わせる事がポイントです。
特に足痩せに重点を置く場合には、ある程度の筋肉を付けることも忘れないようにしましょう。
意外と思われるかも知れませんが、筋肉量が乏しい場合は直ぐに脂肪中々おちない反面、脂肪がつくのも早いという欠点があります。
筋肉は脂肪を適度に消費してくれますので、筋肉のついたゴツゴツとしたアスリートのイメージは必要ありませんが、適度な筋肉は必要不可欠です。
しかし脂肪を落とす足痩せは、短期間では中々困難なことは覚悟して於いてくださいね。
でも、最近では短期間での足痩せダイエット法も考案されているようです。

PR:足痩せ、足やせ、脚痩せ@info

posted by プッハ at 05:36 | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下半身のダイエット器具

下半身ダイエットにも、効果的で有効な市販されたダイエット器具が多くあります。
特にダイエット器具の長所は、効率的にダイエット効果の高い運動をサポートしてくれる点です。

・電気的刺激により筋肉を動かす神経を興奮させ腹筋を運動させる
・振動によりダイエット部位に刺激を与える
・筋力と筋肉量のアップのための運動のサポートを行う
というようなものが、現在の下半身ダイエットでは主流の器具のようです。

しかし普段よく使う筋肉をいくらトレーニングしても、筋肉量などはそう簡単には変化するものではありません。

しかし普段あまり使わない筋肉があれば、その部分に刺激を与えれば有効な運動になり、下半身のダイエット効果も期待できると思いませんか。

その普段あまり使わない筋肉が人間の足にはあるようで、その部分に刺激を加えることで運動効果が高まるという研究もされているようです。

通常の人間の動作からは、足を左右交互に前後して動かす動作となるため、使われる筋肉は一部の偏った筋肉となります。
下半身ダイエットではここに着目して、普段使用しない筋肉に刺激を与える事により、筋肉量と消費酸素を増やし同時に死亡を燃焼させることを重視しています。
そのため下半身ダイエットを行う場合、足の左右開脚など普段と違う動作を取り入れることで、筋肉全体への連続的な刺激を加えるなどの効果的な運動が必要です。

要するに普段あまり使われない筋肉に、どうやって刺激を与えるのかが下半身ダイエットではポイントとなります。
最近ではこの動きに着目した下半身ダイエット器具として、アメリカで流行してしる「レッグマジック」というものがあるようですが、価格も送料などを含めると2万円を越えるものとなることから、下半身ダイエットも中々手軽にとはいかないようです。

しかし同様の器具でも、レッグスライダーという下半身ダイエットにかなり効果的で、値段も1万円未満で販売されているようですので、試してみる価値はありそうです。
posted by プッハ at 12:01 | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下半身ダイエットのための運動

下半身ダイエットでの運動には、「お尻のまわりや太もも、ふくらはぎ、そしてついでに下腹部の脂肪も何とかしたい」と、一見多くを一度に望んでいるようですが、下半身のダイエット運動では部分痩せを考えるよりも、むしろ全体で考える方が効率的と思われます。
それは下半身の運動によるダイエットは、筋肉の運動領域から考えても一箇所だけ痩せることのほうが難しいからなのです。

では具体的に、自宅などで簡単にできる下半身のダイエット運動をご紹介します。 なんと言っても下半身ダイエットで、一番バランスよく筋肉量を増やし脂肪を燃焼させるのはジョギングなのですが、これは時間や運動強度の上から継続が難しいようですので、軽い運動としてはウォーキングがオススメでしょう。

しかし「今でも筋肉量はある」「外に出てまではしたくない」など、いろいろご要望があると思いますので、最も手軽な下半身ダイエットとしてはストレッチがよいでしょう。
やり方としては、アキレス腱を伸ばすための前屈姿勢や、爪先立ち、足首の回転などにより、筋肉にも刺激を加えて酸素消費を促進させます。

下半身をダイエットしたい理由の多くは、太ももに目立つセルライトのデコボコだと思いますが、これは椅子に座っている状態で足をそろえてきつく閉じる運動が効果的ですが、運動以外にも入浴マッサージや、セルライトを取り除くためのサプリメントなどに人気があるようです。

下半身ダイエットというよりも、多くの女性が最も「何とかしたい」と悩むのが、腹部の脂肪ではないでしょうか。
「お腹の脂肪はなかなか取れない」と諦めている人もいるようですが、根気よく運動を続ければ少しずつ脂肪は減っていきますが、やはり普通の方法では時間がかかってしまうのも難点です。

簡単な方法としては、ウエストをねじるエクササイズや、上向きに寝そべり両足をそろえて少しだけ持ち上げて静止させる方法などがありますが、前述のように継続性が必要となります。

posted by プッハ at 11:57 | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットは下半身から

ダイエットを始めるなら、下半身からのダイエットが効果的だということをご存知ですか。

ダイエットでうまく脂肪を落とせない人の多くは、かなりハードな運動や食事制限などの涙ぐましい努力はするものの、「あれほど頑張ったのに、ちっとも痩せていない」など結果が伴わないために、途中で挫折してしまうのではないでしょうか。

特に食事によるダイエットではカロリーを抑制するため、過度の食事制限は体の変調や場合によっては健康を害することもありますし、目標達成後や挫折時のリバウンドという問題もあり、下半身ダイエットにはあまりオススメできる方法ではないと思います。

ダイエットで失敗する原因の多くは、脂肪を減らすことばかりに気を取られ、筋肉量を増やすことを考えないことです。
下半身でのダイエットを行う際、女性の場合は筋肉質な脚線を嫌うために、足の筋肉をつけることに抵抗を持つ人がいるようですが、これには少し勘違いがあるようです。

下半身のダイエットでは足の筋肉を増やすといっても、アスリートのように運動能力を極限まで高めた筋肉を作るのではなく、適度に筋肉量を増やすために行う運動ですので、軽度の運動でも筋肉量さえ増えれば役割を果たしますので、下半身ダイエットでは見た目にもゴツゴツとした筋肉を作る必要はありません。

また、下半身ダイエットをすることにより、腹筋や背筋などの上半身の筋肉も連動して鍛えられますので、まさに一石二鳥ともいえるでしょう。
下半身ダイエットを行えば、脂肪の燃焼効果は筋肉の運動時だけに起こるのではなく、筋肉が運動をしていない場合でも筋肉は酸素を消費しますので、その消費過程で脂肪も同時に燃焼しているため、一旦増やした筋肉は常に一定の酸素消費で脂肪の燃焼を行います。

このように下半身がダイエットに適しているのは、体の中で最も筋肉量の多い足をエクササイズすることにより、筋肉での酸素消費量を増やして脂肪の燃焼効果を促進するためです。

下半身のダイエットで筋肉が増えれば、燃焼する脂肪は下半身だけではなく、全身の脂肪を燃焼していきますので、結果的にバランスのよいダイエットにつながると思います。

posted by プッハ at 11:52 | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。