足痩せと下半身ダイエット

いくら足痩せで、モデルのようなスリムな脚を手に入れても、ヒップや下腹部がポツコリ、ボッテリとたるんでいては、せっかくの美しい足も台無しです。
またその反対に引き締まった下腹部やヒップでも、足太りや浮腫みで大きくても決して美しいとはいえません。
その為には足痩せだけに専念するのではなく、下半身全体にバランスの取れたダイエットが必要となります。
しかし足痩せと下半身ダイエットは必ずしも同じレベルでの痩身法ではありませんので、まずは貴方自信の足の状態や下半身の脂肪のつき方などを把握しておくことが大切です。

よく勘違いされるのは、足太りと足の浮腫みですが、この二つは全く異なる足の状態ですので、足痩せをするためにはそれぞれ方法が異なりますし、足痩せする期間も違ってきます。

足の浮腫みの場合は、その原因となるのは長時間の立ち仕事や座ったままの状態により、足の血液循環が悪くなるために起こる場合や、慢性的な足の血流不良、あるいは内臓疾患の影響によるものがほとんどです。
中には稀に神経系統の異常により足の浮腫みが起こる場合もありますが、病的なものに起因する場合は、ダイエットや浮腫み取りのような行為は慎み、速やかに医師の診察を受けることをお薦めしますが、血液循環が悪い場合は疲れの原因物質の乳酸を取り除くため、周囲を歩き回って血液を循環させたり、マッサージや入浴などによりある程度の浮腫みは取れますので、比較的簡単に足痩せが可能です。

しかし元々脂肪などがついている場合は、浮腫み程度の簡単な方法では足痩せはかないませんので、根本的なダイエット法を取り入れる必要があります。
ダイエット法にも様々な方法がありますが、最も確実な方法は運動ですが、中々長続きしないのが欠点ですので、出来れば継続可能な簡単な運動もしくは自宅で簡単にできるストレッチなどと併せて、体を動かす方法を取り入れた生活習慣の見直しや、食生活の改善などを組み合わせることがよいでしょう。
これらは単に一つの方法を取り入れても、簡易な方法のためあまり効果は望めませんので、複合的なダイエット法を組み合わせる事がポイントです。
特に足痩せに重点を置く場合には、ある程度の筋肉を付けることも忘れないようにしましょう。
意外と思われるかも知れませんが、筋肉量が乏しい場合は直ぐに脂肪中々おちない反面、脂肪がつくのも早いという欠点があります。
筋肉は脂肪を適度に消費してくれますので、筋肉のついたゴツゴツとしたアスリートのイメージは必要ありませんが、適度な筋肉は必要不可欠です。
しかし脂肪を落とす足痩せは、短期間では中々困難なことは覚悟して於いてくださいね。
でも、最近では短期間での足痩せダイエット法も考案されているようです。

PR:足痩せ、足やせ、脚痩せ@info

posted by プッハ at 05:36 | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。